キャンプ場レポート 『キャンプinn海山』  

キャンプ

三重県にあるコスパ良しの高規格キャンプ場

昨年の11月中旬に、子供と三重県にあるキャンプ場『キャンプinn海山』に遊びに行ってきました。

遊びに行ってからだいぶ時間が経っていますが、素敵なキャンプ場だったので、施設案内レポートをお届けします。

キャンプinn海山は、三重県紀北町にあるキャンプ場で、名古屋から高速道路を利用して2時間ちょっとで辿り着けます。

また、スーパーやドラッグストア、コンビニ、ホームセンターも近くにあるので、買い物には便利です。

 

紀勢自動車道の海山インターを降りて、15分程度車を走らせると、綺麗な川(銚子川)が見えてきました。

 

もう少し走らせると、案内表示が見えてきました。

このゲート前にあるインターホンで連絡をして予約していることを伝えると、ゲートを開けてもらえます。

因みに、安全確保の為に門限は21時と定められていて、21時を過ぎると入口が施錠されてしまうので、夜に出掛ける際は、注意が必要です。

 

ゲートを通過したら、まずセンターハウスで受付を済ませます。

売店では、キャンプ用品から薪、炭、お菓子、カップラーメン、ビール、ジュース、生活用品等が置いてます。

また、携帯やデジカメ、ビデオカメラの充電器を持参すれば充電もできますし、ノートパソコン・無線LANカード及びアダプタを持参すれば、センターハウス内にて無線LANサービスも利用できます。

 

サイトの種類は、リバーオートサイトという銚子川がすぐ目の前にある立地のサイトと、20m級のヒノキ林に囲まれた林間オートサイト、コテージがあります。

今回は、リバーオートサイトを利用させていただきました。

リバーオートサイトでは、電源付きと電源無しのどちらかを選べるのですが、夜の冷えに備えて、電源付きを選びました。

このキャンプ場の電源は、2000Wまで使えますので、例えば、1200Wのセラミックヒーターとホットカーペット500Wであれば同時に使えます。

キャンプ場によっては、1000Wまでしか使えないところもありますので、2000Wまで使えると暖房アイテムの選択肢が増えますので、秋冬キャンプをする人にとってはありがたい設備と言えるでしょう。

また、電源ボックス底から延長コードを通して、ボックス内でコードをコンセントに挿してすっぽりと納めることができるので、蓋が閉まらなくなって雨が中に入り込むこともなく、安心して使えます。

 

目の前には銚子川が面していて、水がとても綺麗でした。

 

ここのキャンプ場は、コインランドリーやシャワー、洗面スペースまで備わっており、トイレも綺麗でした。

 

炭捨て場やごみステーションも備わっているので、キャンプ中に出たゴミを持ち帰らずに済みます。

透明か半透明袋(レジ袋可)にきちんと分別して出すようにしましょう。売店でごみ袋も売っています。

 

あと、写真でうまく撮ることができなかったのですが、晴れた日の夜には満天の星が見えます。

ただ星を見ながらぼーっとしているだけで、すごく癒されますよ。

 

以上、『キャンプinn海山』のキャンプ場レポートでした。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

ブログランキングに参加しているので、良かったら応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメント