オンオフ使えて、経年変化も楽しめるFilsonのラギッドなトートバッグ

ライフスタイル

丈夫で長持ちして、仕事でもプライベートでも使えるカッコいいバッグはないかなあ?

シンプルなデザインで、使い込むほど

味が出るようなバッグはどう?

私が愛用しているバッグはオンオフで使ってて、収納力もあるし、とても便利ですよ。

レザーストラップやバッグ生地の経年変化も楽しめますし、シンプルなカラーなので、大人のコーディネートにピッタリです。

私は、建築関係の仕事をしてまして、資料や図面、パソコンをよく持ち歩くので、それらが一つに収まるバッグを長年使っています。

それが、アメリカのブランド「Filson」のトートバッグです。

1.FILSON - 120年以上にわたる徹底した品質

1896年8月にカナダ・ユーコン準州クロンダイク地方で金鉱が発見されたニュースがアメリカ合衆国のシアトルやサンフランシスコに伝わると、一獲千金を狙う人々が大挙し殺到しました。

強い労働倫理、誠実さ、数年間の木こりのための小さな衣料品店経営を経て、C. C.フィルソンは勝負の時が来たと考え、1897年にクロンダイクゴールドラッシュへ行く者たちの衣類を専門とした、C.C.FILSON'S PIONEER ALASKA CLOTHING AND BLANKET MANUFACTURERSをオープンしました。

金の採掘という、衣類にとっては劣悪極まりない環境で酷使されるために、最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産を開始しました。

やがてアラスカや北西部で働く男たちにとって、FILSONのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになりました。

Flisonと言えば、アメカジ好きな方であれば誰もが知っているであろう赤いチェックの「マッキーノーウール クルーザージャケット」が有名ですよね。

出典元:Filson.JP

他にもジャケットやベスト、ハンティングウェア、フィッシングウェア、ワークウェア、ラゲージ、バッグ等を製作していますが、設立から120年以上もの間、頑なに拘り続けてきたのは、上質の天然素材と本物のクオリティ。

一切の妥協を許さないフィルソンのそんな姿勢は、これからも新しい歴史を刻み続けてゆくことでしょう。

2.過酷な状況にも耐えるコットンツイル

バッグの生地は、Filsonがデザインをし、特別に織られた高い耐久性を持つコットンツイル素材です。

ツイル生地とは、織り目が斜めになっている厚めの「綾織物」のことです。

肌触りが良く、適度な光沢感があって、柔らかくシワになりにくい生地として知られています。

Filsonのトートバッグの生地は、2本取り×3本取りの度詰めで織られ、薄くワックスを入れることで汚れや水分にも対応します。

3.大容量で多収納

このバッグの容量は20Lで、メインの収納部は口が大きく開くのと、内側にはポケットは付いてないので、物の出し入れがしやすいのが特徴です。

マチも約12㎝あるので、たっぷり収納できちゃいます。

両サイド2箇所には、大きなフロントポケットが付いています。

ロゴが付いていない方のポケット内には、スナップクリップが装備されているので、鍵などを取り付ける事ができます。

このバッグはジッパーが付いていないタイプなので、貴重品等がバッグから落ちないように留意する必要があります。

そこで、スナップグリップを利用して、財布と連結させたり、ポーチを購入して中に貴重品を入れてスナップグリップと連結させる等して、紛失対策をするといいと思います。

マチ部分2箇所には、サイドポケットが付いています。

ペンケースや折り畳み傘や小さな水筒などがピッタリ収まるので、バッグの中でごちゃごちゃせずに、すぐに取り出せます。

バッグの持ち手は、肉厚で強靭なブライドルレザーのストラップ仕様です。

経年変化も楽しめます(ちょっと手入れを怠っていたので、皺が多いですが)。

オンオフで長く使えて、経年変化も楽しめるFilsonのトートバッグは落ち着いた雰囲気なので、大人コーデやラギッドなスタイルにも合わせやすいですよ。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

ブログランキングに参加しているので、良かったら応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント