名古屋市初の宿泊可能なキャンプ場「オバッタベッタ ヤネル」へ行ってきた

キャンプ
出典元:ヤネルCAMP-オバッタベッタ

先日、名古屋市守山区の小幡緑地(本園)にて、Park-PFIを活用した民間活力導入施設「オバッタベッタ」の宿泊可能なキャンプサイト「ヤネル」を利用してきました。

6月28日にオープンしたばかりで、ネットではあまり情報が得られないので、実際に利用してみた感想や写真等により「オバッタベッタ ヤネル」の魅力をお伝えしたいと思います。

1.Park-PFIとは

Park-PFIは、飲食店、売店等の公園利用者の利便の向上に資する公募対象公園施設の設置と、当該施設から生ずる収益を活用してその周辺の園路、広場等の一般の公園利用者が利用できる特定公園施設の整備・改修等を一体的に行う者を、公募により選定する制度であり、都市公園に民間の優良な投資を誘導し、公園管理者の財政負担を軽減しつつ、都市公園の質の向上、公園利用者の利便の向上を図る新たな整備・管理手法である。

出典元:国土交通省

つまり、都市公園の一部を利用して、民間事業者が飲食店や小売店、キャンプ場等の収益施設を設置・運営することを許可するというもので、公園の利用者からすれば利便性や快適性は良くなり、公園管理者にとっても民間資金を活用することで、公園整備、管理にかかる財政負担が軽減されるメリットがあります。

Park-PFIは、平成29年の都市公園法改正により導入された制度で、全国でも実施事例は増えています。

【Park-PFI実施事例】

市町村名都市公園名施設名
福山市中央公園Enlee
千葉市稲毛海浜公園small planet CAMP&GRILL
四日市市中央緑地中央緑地ここよか(カフェ、レストランなど)
京都市大宮交通公園サイクルセンター、憩いの場など
渋谷区北谷公園KITAYA PARK
高槻市安満遺跡公園子供の遊び施設、レストラン&カフェなど
堺市大仙公園カフェ(こふん前cafe IROHA)
神奈川県観音崎公園BEACH⇔PARK LIVING
福岡県大濠公園大濠テラス
所沢市東所沢公園武蔵野樹林パーク
渋谷区宮下公園公園、駐車場、商業施設、ホテル
和歌山市本町公園本町プランテ
新宿区新宿中央公園SHUKNOVA
豊島区としまみどりの防災公園IKE・SUNPARK
世田谷区区立公園等キッチンカーの出店
平戸市中瀬高原中瀬高原キャンプ場
前橋市敷島公園スターバックス
別府市別府公園スターバックス
豊島区池袋西口公園池袋西口公園野外劇場「グローバルリング シアター
豊島区中池袋公園アニメイトカフェスタンドHareza池袋
横浜市横浜動物の森野外遊戯施設「フォレストアドベンチャー・よこはま
盛岡市木伏緑地公衆用トイレ、芝生広場、飲食店エリア
福岡市天神中央公園HARENO GARDEN
吹田市千里南公園bird tree
北九州市勝山公園カフェ(コメダ珈琲)、便益施設等
浜松市浜松城公園カフェ(スターバックス)
豊島区南池袋公園Racines FARM to PARK
沼津市「少年自然の家」跡地IN THE PARK
名古屋市名城公園tonarino
福岡市西南社の湖畔公園Nanakuma Cafe
草津市草津川跡地公園レストランなど
千葉市泉自然公園魅力向上事業フォレストアドベンチャー・千葉
東京都駒沢公園Mr.FARMER
福岡市水上公園SHIP'S GARDEN
青森市青い森公園コンビニ
千葉市稲毛海浜公園ザ・サーフオーシャンテラス
藤枝市蓮華寺池公園スターバックスコーヒー
大阪市天王寺公園エントランスエリアてんしば
高岡市新高岡駅南口公園ネマルカフェ
千葉市昭和の森昭和の森フォレストビレッジ
台東区隅田公園隅田公園オープンカフェ
京都市梅小路公園京都水族館
富山市富岩運河環水公園カフェ、レストランなど

出典元:Park-PFI推進支援ネットワーク PPnet

2.「オバッタベッタ」はPark-PFIを活用した新たな公園施設である

愛知県では、県営都市公園の魅力向上を図るため、Park-PFIを活用した新たな公園施設の設置及び管理運営を進めていて、この取組を進めている小幡緑地では、民間活力導入施設であるオバッタベッタのレストラン「マメボシ」及びバーベキュー場「BBQヤネル」の一部を4月20日にオープンしました。

レストラン「マメボシ」
BBQヤネル

そして、6月28日には、名古屋市で初となる宿泊可能なキャンプ場「ヤネル」がオープンしました。

ヤネル

ヤネルは、”宿泊棟の透明な屋根から「空をつかまえ」ことをイメージした名称です。

ヤネルでは、宿泊棟サイトとテント持ち込みサイトに分かれています。

宿泊棟サイトは、様々な特徴的な屋根をしたキャビンとデッキで構成される木造キャビン15棟(2人用~6人用、最大60名)から構成されています。

テント持ち込みサイトは、デイキャンプ兼用で10区画用意されています。

キャンプ場のすぐ側には公園のアスレチックがあり、小さなお子様連れには嬉しい施設もあり、夏には昆虫が出てくるので、昆虫採集も楽しめます。

私も子供が小さな時にはたまにこの公園に連れてきてアスレチックで遊ばせたり、カブトムシやバッタなどの昆虫採集もしたものです。

また、ウォーキングをしている人がキャンプ場のすぐ横を通っていくので、「公園内のキャンプ場」という、キャンプ場だけど身近な感じを受けると思います。

3.ヤネルへのアクセスと周辺環境

「オバッタベッタ ヤネル」は、愛知県名古屋市守山区大字川字東山 の小幡緑地(本園)内に新しく生まれた施設です。

所在地:愛知県名古屋市守山区川東山 小幡緑地公園本園内

交通アクセスについて、車で行く場合は、名古屋第二環状自動車道内回り『小幡インター』から3~4分程度、もしくは名古屋第二環状自動車道外回り『松河戸インター』から7~8分程度で到着します。

車以外で行く場合は、地下鉄大曽根駅、JR大曽根駅、名鉄大曽根駅にて「ゆとりーとライン」という名古屋ガイドウェイバスに乗り換え、小幡緑地駅で降車して徒歩3分程で到着します。

バスを利用する場合は、大曽根駅から市バス曽根11ルートの「緑ヶ丘住宅」行に乗り、「緑ヶ丘住宅」で降車して徒歩5分程です。

周辺施設としては、ファミリーマートが小幡緑地本園のすぐ側にある他、スーパー銭湯「竜泉寺の湯」まで車で5分程、ホームセンター「コメリパワー名古屋竜泉寺北店」まで車で7分程、「イオン守山店」まで車で10分程で行けてしまうので、不便はないかと思います。

竜泉寺の湯は、大人700円、子供300円で入浴できます。

「レストラン マメボシ」と「ヤネル」の共同駐車場の施錠時刻が、午後10時から翌午前8時半なので、施錠時刻にはご留意いただきたく存じます(公園駐車場の施錠時刻は4月〜9月が午前8時30分〜午後7時、10月〜3月が午前8時30分〜午後5時30分まで)。

2018年にリニューアルして、いろんなタイプの湯ができて、LED照明の演出も華やかで、館内も綺麗なので、お勧めの施設ですよ。

4.園内の進み方

小幡緑地本園の中に入ると、誘導看板(下記マップの①地点)が設置されていますので、矢印の方向に従って進んでいきます。

①tちちtちてちてnちてん地点地点

看板の通りに進むと守山スポーツセンター(②地点)が見えてきます。

②地点

直進すると看板が設置されていて右に曲がるように誘導しているので、右に曲がると右手に「レストラン マメボシ」が見えてきます。

③地点

直進するとヤネルの看板が設置されているので、その手前にある駐車場に車を停めて受付へ進みます(写真では分かりづらいですが、右側にステンレスのバリカーがあって、車はこれ以上進入できません)。

④地点

受付建物の外観です。

各種クレジットカードの支払いにも対応しています。

5.テント持ち込みサイト

テント持ち込みサイトは、デイキャンプ兼用のサイトが10区画あって、10m×10m=100㎡の広さが取れるので、大きなテントも余裕を持って設置できます。

因みに、電源はありませんでした。

我が家のワンポールテントは、カナディアンイーストというブランドの「ワンポールテントBIG420」を使ってます。

サイズは450×450×300と大きなテントですが、ヤネルのサイトでは写真の通り、テントの前にゆとりがあります。

ペグ打ちも特に大変なことはなく、すんなりと入りました。

石ころもほとんど無く、テント内の床面も快適でした。

こちらは炊事場です。

食器洗い洗剤やハンドソープが用意されてるのが嬉しい限りです。

こちらは男女兼用のトイレです。

テント持ち込みサイトのトイレは、この1箇所のみです。

ヤネルはオートサイトではなく、駐車場は「レストラン マメボシ」との共同駐車場になりますので、満車になったら公園駐車場を利用することになり、サイトからは遠くなってしまうので、注意が必要です。

必要であれば、アウトドアワゴンの貸し出しもしてくれますので、荷物を沢山持って行く場合は、共同駐車場狙いで行くようにしましょう。

テント持ち込みサイトは宿泊棟やBBQサイトより駐車場に近いので、受付の際に駐車場に近い区画を利用できるように申し出てみましょう。

また、ペットを連れていくのは、リードとゲージがあればOKです。

電話予約の際に我が家のワンコを連れていけるのか問い合わせたところ、OKとのことでした(今回は雨予報だったので、連れていきませんでしたが)。

6.宿泊棟サイト

宿泊棟サイトは個性豊かな外観が特徴の木造キャビン15棟(エアコン付)とテラスが設置されていて、2人用から6人用まであります。

こちらは、シャワー棟です。

コインシャワーではないようなので、宿泊棟の利用者は普通に使えるのかもしれません(持ち込みサイトの利用者が使えるのかは確認していないので不明です)。

7.BBQサイト

BBQサイトは、20区あります。

カクテルの販売もしているようです。

こちらは男女別のトイレです。

男女共に1箇所ずつ用意されてます。

こちらは、炊事場と喫煙所です。

キャンプ場で喫煙所を見かけたことがないような気がしますが、ヤネルBBQサイトにはオシャレな喫煙所が設置されていました。

8.利用料金について

ヤネルのリーフレットに料金が載っているので、以下にアップします。

この他、持ち込みサイト及び宿泊棟サイトは、施設利用料金が大人(中学生以上)一人に対して500円かかります(小学生以下は施設利用料金はかかりません)。

チェックインは午後3時からで、チェックアウトは翌午前10時までとなっています。

デイキャンプの利用時間は、午前10時から午後3時までです(デイキャンプにも上記の施設利用料金が別途かかります)。

ヤネルBBQは1日2部制を取っており、昼の部は午前10時から午後2時まで、夜の部は午後4時から午後8時までの営業となっております。

ヤネルBBQの施設利用料金は、大人一人あたり4000円から(施設利用料+食材+ソフトドリンク飲み放題付)で、小学生は500円(ソフトドリンク飲み放題付)で入場可能で、未就学児は無料(ソフトドリンク飲み放題付)です。

いかがでしたでしょうか?

「オバッタベッタ ヤネル」はオープンしてまだ間もないキャンプサイトですので、私自身が知り尽くしている訳ではないのですが、手軽に名古屋市内で宿泊できるキャンプ場としては、設備もまずまず充実しているし、使いやすいキャンプサイトだと思います。

これから「ヤネル」を利用してみようかなと検討している方や、当記事で初めて「ヤネル」を知った方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

ブログランキングに参加しているので、良かったら応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

コメント

  1. まな より:

    持ち込みサイトはシャワーの使用はできないといわれました。
    なので、共用駐車場に止められなかった場合、秋から冬は公園駐車場が5時半に閉まるので、夜竜泉寺にもいけなくて困るだろうなと思います。

    • hiroching より:

      貴重な情報を下さり、誠にありがとうございます。
      持ち込みサイトは、シャワー使用は不可なのですね。
      共用駐車場はあまり数が止めれなさそうなので、
      秋冬は困ったものですね。
      歩いて竜泉寺は15分くらいかかりそうですし。
      守山スポーツセンターのプール料金500円を払って、シャワーを浴びるという手もあるかも(笑)。